GeoFormのタイトル画像
   3Dレーザースキャナーなどから計測された大量の座標点群処理について

3D地形モデルを超高速で作成

GeoForm (ジオフォーム) は、 ランダム座標点群 ( x , y , z ) から全ての座標を使って三角網 ( TIN ¹ ) を自動生成し、3D地形モデルが超高速で作成されます。

SIMA , DXF , TXT , 数値地図 (標高)データ だけでなく、 レーザー計測などの大量点群データでも処理が可能で、 地形形状を崩さずデータ量を削減するためのフィルター、 間引き処理、更に座標点の追加、編集もできます。

地形変化の大きい尾根、谷部での三角網自動修正や簡単なオペレーションでの三角網 ( TIN ¹ ) の編集作業が可能です。
マルチモニター環境での編集作業の効率は更にUPします。
地形の解析機能や鳥瞰表示機能が標準添付されています。

三角網の編集が容易

ワイヤフレームと鳥瞰の2画面を連動させて見ることで三角網の編集が容易にできます。
編集作業をすることでより正確な地形データとなり、等高線計算や数量計算などの結果に反映されてきます。
光源設定による陰影、文字の旗揚げ機能、視点や目標点の設定などはプレゼン効果をUPします。
客先へ配布可能な三次元ビューワーを2種類用意していますので、目的や用途に合わせてご利用ください。

立体感のある情景を表現

TIFFやBMPの画像ファイルやDXFデータを三角網( TIN ¹ ) の背景に貼り付け表示します。
平面図や航空写真を貼り付けると立体感のある情景を表現できるとともに、 変化点の不足などで生じる地形の不備な箇所も確認が容易となります。

不足の座標点は、座標の追加編集機能が用意されており、補充が可能です。
ラスター追跡は画像ファイル上のライン(主に等高線)を自動追跡して、 任意間隔の座標データ(x,y,z)を作成する機能です。
追跡ラインはオペレータが指定しますので、余分なデータを作成することなく 最小限のデータ量で正確な三次元地形モデルの作成が可能です。

三角網からの多彩な表現

GeoForm (ジオフォーム) で作成された三角網 ( TIN¹ ) からスプライン処理の等高線を任意のピッチ、任意の範囲で計算します。
高速表示の簡易線表示も用意、三角網編集作業ではリアルタイムに等高線の流れを把握できますので、 さらに正確な三次元地形モデルを作成できます。
等高線データは、図面印刷出力・図面データのDXF出力のほかにSIMAやDXF(2D、3Dとも可能)ファイルでも出力できます。

三角網から多彩な解析

簡易断面表示、簡易コンター表示機能は地形形状の把握、確認ができます。
傾斜解析では傾斜分布図の作成、流水方向検索、分水嶺検索、平坦点検索が可能です。
三角網から体積、表面積、水平面積を計算し、テキストファイルとして出力保存も可能です。

TIN ¹ (Trianglated Irregular Netwotk) は地形等の3Dモデルを表現するために考案された
データ形式であり3Dにおける平面決定の必要十分条件が3点であることを利用したデータ表現です。

  カタログはこちら
  お問い合わせはこちら
  動作環境はこちら