LandFormsのタイトル画像
LandForms® (ランドフォームス)  は GeoForm (ジオフォーム)  を中心に各種プログラムで構成されています。
»  GeoForm (ジオフォーム)  の機能は全て含まれています。GeoForm については、こちらをご覧ください。

3次元設計には基となる3次元座標 ( X , Y , Z ) が必須です。
LandForms® (ランドフォームス)  は一般的な測量ソフトから出力された テキスト・CSV・SIMA・3D-DXFデータ・数値地図(メッシュ標高) といった、各種データが利用できます。

更に 平面図上のラスターデータを自動追跡 し、平面図から3次元座標を作成し利用することも可能です。
ラスター追跡機能は面を作成することを前提としています。 一定傾斜部分では計曲線部分のみを追跡して3次元座標を生成、 座標生成間隔を任意に設定といったように、設計者が積極的に関与する事で、不必要な点の作成を抑え大幅な点数軽減を成し遂げます。


3次元の設計が容易

横断計画を作成しながら、3D表示を別ウィンドウで見れるので、路線全体は勿論のこと細部まで確認が出来ます。
(ラスターデータとの合成3次元表示も可能)

GeoForm (ジオフォーム)  (内蔵)で作成された三角網上(現況モデル)に 直接線形データを入力することで現況縦横断データが瞬時に計算されます。
計算された横断データ上に道路等の定規図や造成土工線を入力、法も任意の形状を登録して自動的に現況横断との交点計算を行います。

路線の線形を決定し、三角網上で任意のピッチで路線と断面を計算

道路部分の法、路面のスロープを考慮して道路部分を3Dで作成

三角網計算で道路のみの3Dモデルを作成

現況の地形と作成した道路地形を合成して完成

解析

LandForms® (ランドフォームス)  には様々な解析ツールが用意されています。
流水経路、傾斜分布、任意点での断面、堆砂計算、積雪、がけ崩れ、土石流などの地形の変化量の計算他様々です。
またこれらの計算結果を視覚的に分かりやすく表示するツール等も含まれていますので、全体的な様子をすばやく把握できます。


メッシュ標高計算では従来の四角形に加え、任意のサイズの正三角形での計算も可能です。
これにより点数の軽減も可能となり、より地形に沿ったスムーズな計算と解析が行えます。

多彩なボリューム計算

LandForms®  及び GeoForm には標準で、従来のメッシュによる
体積計算とは異なる 任意三角網による点高法を用いた体積計算が可能です。
 » この方法についてはこちらをご覧ください。

この方法で正確な土量を素早く求めることが可能です。


その他、多彩なボリューム計算を用意しています。
計画と現況地形を重ねてのワイヤーフレーム表示や、 メッシュ土量計算では計算された数量を、3Dモデルに貼り付けて表示可能です。

閉合コンターによる数量計算は、貯水や堆積容積の計算に適しています。
また2つの断面による土量計算では年度毎の土量の比較などにも有効です。

レーザー機器への対応

近年は3Dレーザースキャナー(航空レーザー、地上据付型レーザー)やマルチビーム測深器など、 短時間で大量の3D座標データを収集できる機器の利用が増えてまいりました。


航空レーザー

地上型レーザー

マルチビーム測深器

LandForms® (ランドフォームス)  は、これらの大量座標点群から樹木などの不要なデータの 排除、地形形状を損なわないような点群の間引き処理、点密度の均一化処理などをおこない、正確な3D地形モデルを短時間で作成します。

深浅測量などの場合は,水面からの距離がZ座標になる為、地上とはZ座標が逆になります。

左図はZ座標を反転しノイズ除去を実行したものです。
除去された点を無効点とし、紫色で表示しています。

ローパスフィルタを適用
高周波数成分が除かれて走査線が滑らかになります。

豊かな表現力

LandForms® (ランドフォームス)  にはプレゼンテーション用の様々なツールが あります。
実際に設計されたデータ上をシュミレートできることはもちろん、 X ファイル  をご用意いただければ、シュミレーションに利用できます。
またシュミレーションの様子を動画として記録もできますので、説明会などでご鑑賞いただくことも可能です。

TIN ¹ (Trianglated Irregular Netwotk) は地形等の3Dモデルを表現するために考案された
データ形式であり3Dにおける平面決定の必要十分条件が3点であることを利用したデータ表現です。

  カタログはこちら
  お問い合わせはこちら
  動作環境はこちら