3Dレーザースキャナーなどから計測された大量の座標点群処理について

近年、3Dレーザースキャナー(航空レーザー、地上据付型レーザー)やマルチビーム測深器など、 短時間で非常に大量の3D座標データを収集できる機器の利用が増えてまいりました。
短時間で大量の点群を取得できるのですが、点群の中には不必要な点もたくさん含まれることも多いです。

LandForms® (ランドフォームズ)  は、これらの大量座標点群から樹木などの不要なデータの 排除、地形形状を損なわないような点群の間引き処理、点密度の均一化処理などをおこない、正確な3D地形モデルを短時間で作成します。

しかし、データの取得方法や処理方法には、まだまだいろいろな運用ノウハウの蓄積が必要な状態です。
地形計測における地上据付型レーザー計測の実例や計測時の問題点、その解決方法など整理した資料(PDF)を用意しました。



採石場での利用例  (size 124 K)

レーザーデータを利用した応用例  (size 2.95 M)
Windows Media Player でご覧いただけます

大量座標点群のデータ処理についてのご相談を承ります。
お問合せは  会社案内  または  問合せ のページへ


レーザー計測・解析のトピックス