3次元地形データ(3D地形モデル)作成業務

近年、土木測量業界にも3次元地形データによる表現が多くなってきました。 従来2次元で表現されてきた図面(平面図、縦断図、横断図等)は、 それを理解するためには多くの経験と知識を必要とするため共通に現場を認識することが困難でした。

3次元データはこれらの問題の解決はもとより地元設計協議等にも有効であり、 また設計者にも今までにない設計アイデアと設計の総括照査に役立つものとなります。

ISPは、1990年より3次元土木設計プログラムLandFormsを開発し多くの3次元地形作成を手がけてきました。
防衛省をはじめ旧日本道路公団、水資源機構、森林総合研究所、電力会社等で実績があり、 その成果物は軽快なビュアーソフトも含め高い評価を得てきました。

このたび当社は、3次元データ作成業務を専属で受注するチームを編成し、 お客さまお手持ちの平面図および2次元CADデータ(DXF)から3次元データを作成する業務を始めました。
お気軽に下記電話番号にお問い合わせください。

問い合わせ先 I S P   (会社案内はこちら)
TEL 札幌 011-614-3811   東京 03-3393-6041
FAX 札幌 011-614-3817   東京 03-3393-6042
E-Mail   (メールフォームからでも問い合わせできます)

航空写真がある場合、3Dモデリングデータに貼り付けることも可能です。


作成例 (1)

作成例 (2)

作成例 (3)

作成例 (4)

3D作成過程


既存の平面図をスキャニング

座標・標高値を与え、三角の面(TIN)を作成

3次元地形データの完成

豊富な表現方法と詳細な断面形状取得