無効(未使用点)を多角形で一括処理する

([有効無効]と[一括編集]での「使用点」「未使用点」設定の違い)


[有効無効]を使って、一括である一定範囲を未使用点(白→ピンク)にしたいケースがありますが、
現在の仕様では矩形(長方形)での設定しかできません。このような場合の対処方法を2つご案内します。

[ 外周設定 ] を使う
[ 一括編集 ] を使う
[有効無効]では、一度未使用点にしても再度設定範囲が重複すると、その重複部分は反転してしまいます。
普通は外周周辺部を削除するケースが多いと思いますが、この機能を使うことで2項の[一括編集]で周辺部を未使用点にした後、
[有効無効]で全体を範囲指定することで中心部分の削除も可能です。
[一括編集]では設定した指示が優先されます。

[有効無効]と[一括編集](「使用点」「未使用点」設定)の違い
前述の「反転する、しない」機能の他に、外周設定された座標の扱いにも違いがあります。
[有効無効]では外周点の変更はできません・・・未使用点にならない・・・が、[一括編集 ]では変更されますので、
自動外周を使って外周を再設定するときなどご注意下さい。