三角網交差座標計算の運用例

現況地形に以下の赤色の用地境界を想定した時、斜面のある計画面を想定した時の現況地形との交差座標を 算出し、そのエリアの面積(水平面積、表面積)を算出します。



赤色のエリアの計画面を作成します。
(以下の青色のようなランダム点、三角網を作成します)
(左部分が傾斜面になっています)

上:2D表示 下:3D表示



現況地形データを読み込んだ状態で
【ファイル】−【ランダムデータ合成(橋梁トンネル用)】
で計画面のランダムデータを読み込みます。



メニューの
【点編集】−【三角網交差座標計算】
を指定し計算する範囲を画面拡大の要領で囲むと計算を開始します。

計算が終了すると交差座標の保存方法を指定するダイアログが表示されますので点名、保存方法を指定します。
(交差座標が存在しなかった場合はダイアログは表示されません)

ここでは【別ファイルとして保存する】を指定して新しいランダムファイルを作成します。




計算したランダムファイルを新たに読み込み計画面の画像もしくはDXFを重ねて表示させると以下の ように計画面内に交差座標が収まるような状態になります。

(場合によっては原点(0,0)付近の座標のおかしな点が付加されて作成される場合があります。
この場合、そのような点を未使用点にして未使用点削除の機能で削除してください)



交差座標の不足部分の座標を計画面のランダムデータより追加し外周を作成して三角網計算します。
そしてメニューの
【三角網】−【面積・体積計算】−【表面積計算】
および
【水平面積計算】
を実行すると各数値が計算されダイアログで表示されます。

上記の他に
  1. トンネルと現況地形の交差座標を算出しトンネル開口部の三角網を削除する。
  2. 空港の滑走路設計時の制限空域と現況地形の交差部分を算出しその土量を概算する。
などに運用されております。