TIN変換用DXFの作成について

弊社のオプションの "TIN変換" で、DXF -> RND,TRI に変換した場合、DXFによっては下記の様に面が抜けてしまう場合があります。

TIN変換後, 読み込んで以下の様に表示されても・・・ 段彩表示すると以下の様に抜けて表示されてしまう。

この場合 1-4-5, 2-5-6, 3-6-7 のポリラインをオリジナルのDXFに追加し,
再度TIN変換する事で下図の様に抜けた部分に面をつけることができます。

面と認識させるためのポリライン登録方法

下図の四角形を例に説明します。
この場合は2つの三角形を意識して DXF を作成します。(画面上を表とします)

( 以下の作業は CADソフト上, または オプションの "ベクトル作成" を用いてオリジナルのDXFに線分を追加していきます。)

以下の2通りで面を作成することができます。
  • 1-2-3
    3-4-1 の 2本で作成する。
    何れも反時計周りに作成します。(時計周りだと裏面になります。)
  • 1-2-3-4-1 の 1本で作成する。
    この場合は自動で 1-2-3 と 3-4-1 の 2つの三角形に分解されます。

    * 1-2-3-4 で閉じずに作成すると 1-2-3 の 1面しか作成されません。

次の場合は以下の2通りで面を作成することができます。
  • 1-2-5
    5-6-1
    2-3-4
    4-5-2 の 4本で作成する。
  • 1-2-5-6-1
    2-3-4-5-2 の 2本で作成する。

何れの方法も, 線分のみに注目すると 2-5 の線分が重複となりますが,  面の構成単位で考えると , 4つの三角形には重複がありません。



TIN変換用の DXF作成には, 面の構成単位を意識して DXF を作成する必要があります。